お葬式に出席する事態、御香典を取り出します。

これはお通夜にとって行っても、お葬式にとって行っても、ともかまいません。
かりにお通夜に御香典を持って行った場合には、
お葬式の時には御香典を持って行く必要はありません。

そうして何やら戸惑うのが、御香典の表書きだ。
最近では、御香典の包みがはいってある外包みに、表書きの書き方についての評が記載されています。

仏教だけではなく、豊か宗教についての書き方が記載されています。
そのため、こちらを参考にして表書きをすれば、まるっきり誤りはありません。

ただ無宗教葬儀の場合は、引き続き一般的なお葬式ではないため、
香典包みの表書きの書き方は、書かれていません。

皆が、無宗教葬儀に出席する場合は、「御花チャージ」と書いて持参していらっしゃる。
ただ、こういう「御花チャージ」というのも、更に決まっているわけでもありません。

「御霊前」や「御香典」といった、仏教のお葬式での書き方も、
モウマンタイでしょう。www.xn--2017-z63cnc2h4738auwf328h.com